• top
  • 医院紹介
  • 診療コンセプト
  • ごあいさつ
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス
HOME > 矯正歯科

矯正歯科

キレイな歯並びは、歯の健全な育成に役立ちます

キレイな歯並びは、歯の健全な育成に役立ちます

歯並びが悪くなると、見た目が良くないのはもちろん、発音障害や虫歯や歯周病のリスク、噛み合せ不良などの悪影響が出てきます。
歯並びが悪くなる要因は様々ですが、悪習慣を改善して、舌の機能訓練や噛み方、姿勢などを直していくことで、矯正器具を使わなくても受け口や歯並びが整うこともあります。
幼児の受け口なら3歳頃から、前歯の矯正は生え代わりが始まる6~8歳頃から治療が可能です。早期に始めることで本人の負担も経済的負担も軽減されます。矯正治療は、早めがおすすめです。

顎と歯のバランスを整えて、見た目も美しく正しい噛み合わせに

顎と歯のバランスを整えて、見た目も美しく正しい噛み合わせに

顎と歯の大きさのアンバランスにより、歯並びが悪くなることがあります。この場合、歯が並ぶのに「必要なだけ顎の成長を促す」、永久歯が生えそろってから「抜歯によりスペースを作る」、のいずれかが必要となります。
ゆみこ歯科では、なるべく永久歯を抜かなくてすむように「顎が成長できるようにしよう」という矯正の方法を行なっています。使用するのは、床矯正装置。これは着脱ができ、はずして歯みがきができます。虫歯になりにくく、お子様への負担も少ないのが特徴です。
機械的に床装置で歯を動かすだけではなく、口唇や頬、舌などの歯を取りまく組織の筋肉状態や姿勢なども考慮。バイオロジカルに歯を移動させていきます。 ブラケット矯正も矯正専門医と連携を取って行っております。

*当院は、床矯正研究会に所属しております。

症例

ブラケット矯正

ブラケット矯正

床矯正

床矯正